現役プランナーが教えるWebマーケティング会社へのおすすめ転職法を紹介

Webマーケティング会社のおすすめ転職法について

2021.02.12

Web業界の中でインターネットの「集客方法」や「Webサイト」や「解析」をフル活用してクライアントの目的を果たす業種のWebマーケティング会社ですが、Webマーケティング会社の転職方法について紹介して行きたいと思います。

「Webマーケティング会社とはどんな会社?」「Webマーケティング会社の職種の紹介」「未経験者・経験者のWebマーケティング会社の転職ノウハウ」「Webマーケティング会社の転職におすすめしたい転職エージェントと転職サイト」を紹介して行きます。

Webマーケティング会社はどんな会社?

マエムキ
マエムキ
Webマーケティング会社とはどんな会社なのか?実際に私は現在も現役でWebマーケティングのプランナーが仕事をしていますが、分かりやすく紹介して行きたいと思います。
マエムキ
マエムキ
Webマーケティング会社とは、クライアントのインターネット上での反響を上げる会社です。
マエムキ
マエムキ
インナーネット内で使える集客方法を考えて、インターネットユーザーを集客させたクライアントのWebサイトからの「購入・サービス申込み・会員登録」等のコンバージョンを上げる方法を作り上げる会社です。
マエムキ
マエムキ
インターネット上での集客方法として「検索エンジンの検索キーワードで上位に掲載せれる方法のSEO」「インターネット上にある広告枠を使用してアクセス数を上げるインターネット広告」「SNSを使ってユーザーをアクセスさせるSNSマーケティング」が主なインターネットからの集客方法となります。
マエムキ
マエムキ
また、Webサイトに関しては「企業を紹介するコーポレートサイト」「サービスのみを専門に紹介するサービスサイト」「1ページに情報を集約してコンバージョンの獲得を目的とするランディングページ」「直接的・間接的に自社サービスのファンを作るオウンドメディア」が主なWebサイトの種類になります。
マエムキ
マエムキ
そこからさらに「集客」と「Webサイトのコンバージョン率」に対してアクセス解析を使って現状を確認しながら「Webの集客方法であるプロモーション」や「Webサイトの改善・新しいサイトの立ち上げ」を考えていきます。いわゆるPDCAサイクルを考えると言うことです。
マエムキ
マエムキ
インターネットの世界でクライアントのパフォーマンスを上げていくことを常に考えていく会社がWebマーケティング会社です。

Webマーケティング会社の職種を紹介

マエムキ
マエムキ
Webマーケティング会社にはどんな職種があるのか紹介します。
Webマーケティング会社への転職を考える方なら職種をしっかりと把握することでご自身のWebマーケティング会社への転職像が明確的になるかと思います。
営業

テレアポや知人の代理店等から新規クライアントの開拓からスタートして、実際に営業先の担当者と顔を合わせて営業活動を行い、クライアント獲得するまでの動きを行う職種です。

クライアントを獲得したら「担当者とのやり取り」もフロントに立ちます。

また、中小Webマーケティング会社の場合はプランナーも営業の方が行う場合も有ります。

プランナー

営業の方が営業した企業に対して、どんな戦略で案件獲得するかを企画する職種です。

Webで使用出来る手法を駆使しながら、「営業先企業の予算」「ネット上でやりたいこと」等の願望を基に企画作りをします。

また、営業先企業への提案営業やコンペの際には営業へ同席して、案件獲得する為の協力をする機会もあります。

マーケッター

クライアントがWeb広告やSEO対策をする際の「運用や施策」をメインに行っていく職種です。

さらに運用しているWeb広告やSEO施策をしながら、アクセス解析で調査してベストなWebプロモーション改善していくことも行っていきます。

あと何気に重要な作業が、プロモーション状況をクライアントへ分かりやすく伝える為のレポートを作成する作業もあります。

レポートは、営業が伝えやすい様な内容やクライアントが分かりやすい内容にまとめて作成することが重要です。

Webデザイナー

クライアントから「Webサイトを新規で作りたい」「既存のWebサイトをリニューアルしたい」と言った要望に対して、WebプロデューサーやWebディレクターを中心に社内の他部署の方とコミュニケーションを撮りながらWebサイトを作っていく職種です。

大半のWebマーケティング会社では在籍される職種ですが、小規模なWebマーケティング会社に関してはWebデザイナーが在籍せず、外注のWebデザイナーへお任せする会社もあります。

Webプロデューサー・
Webディレクター

Webサイトを制作する際の「スケジュール管理」「制作するWebサイトの構成となるワイヤーフレーム作成」「クライアントが作りたいWebサイトの要件をヒアリング」「デザイナー・エンジニア・プランナー・営業と仕事を進めて行く進行管理」が主な仕事です。

また、案件獲得する営業時に同席して、Webサイト制作のお話しを進めて行くのもWebプロデューサーやWebディレクターの重要なお仕事内容になるかと思います。

Webプロデューサーが制作案件のトップにいて、その下にWebディレクターが付くと言った形態が通常ですが、中小のWebマーケティング会社の場合はWebディレクターがWebプロデューサーの役割を担います。

エンジニア

Webサイト制作時に「会員登録機能」や「購入機能」等のシステム機能が付くWebサイトを制作する際にシステム構築する職種です。

複雑なシステム機能を効率的に構築して、ネットユーザーが使いやすい様な技術力が求められます。

システム機能が付くWebサイト制作は比較的制作費が掛かることが多く、大手Webマーケティング会社やWeb制作を強みとしたWebマーケティング会社に在籍することが多いです。

マエムキ
マエムキ
Webマーケティング会社の職種を紹介してきましたが、各職種共に「Web業界未経験者でも転職可能か?」「Web業界経験者の正しい転職ノウハウ」を紹介して行きたいと思います。

Web業界未経験者でもWebマーケティング会社へ転職することは出来るか?

マエムキ
マエムキ
Web業界未経験者の方がWebマーケティング会社へ転職して働くことが出来るか?
結論としては、「営業は未経験者でも可能」「プランナーとマーケッターは会社によっては未経験者でも可能」「Webデザイナー・Webプロデューサー・Webディレクター・エンジニアは未経験者では転職は厳しい」です。
マエムキ
マエムキ
Web業界未経験者の「転職可能なライン」「会社によっては未経験者でも転職可能なライン」としては、「未経験者でもすぐに出来る仕事のある職種」「教育制度が整っていて仕事をしながら研修期間後に戦力として仕事が出来る職種」が未経験者でも転職可能なラインです。
マエムキ
マエムキ
一方Web業界未経験者の「転職不可なライン」としては、「経験者でないと分からない知識が必要な職種」「技術力や経験値が無いと仕事の出来ない職種」は未経験者だと転職不可なラインとなります。
マエムキ
マエムキ
営業であれば「テレアポ」と言う入社して直ぐに戦力になる仕事があり、プランナーやマーケッターであれば、「教育制度が充実しているWebマーケティング会社であれば使用期間中に戦力として育てることが出来る理由」から未経験者でもWebマーケティング会社へ転職することが出来るかと思います。
マエムキ
マエムキ
一方、Webデザイナー・Webプロデューサー・Webディレクター・エンジニアは、知識や経験や技術的な要素が必要になる職種であり、研修制度で育てるのに多大な時間を費やさなければいけません。
マエムキ
マエムキ
入社後すぐに戦力にならないと雇用する上で人件費が多大に掛かってしまうリスクやWebデザイナー・Webプロデューサー・Webディレクター・エンジニアは即戦力が欲しい職種である為、Web業界未経験者の方は転職が不可な職種なのです。
マエムキ
マエムキ
以前私がWebデザイナー歴15年以上の方と対談した記事で「未経験者でもWebデザイナーになることが出来る」と説明したかもしれませんが、それはWeb制作会社であれば転職可能であると言うお話しです。
マエムキ
マエムキ
Webマーケティング会社のWebデザイナーはサイトの制作以外にもプロモーション手段を考えてデザインに関わる仕事が多い為、Web業界未経験者の方がWebをマクロの領域で見てデザインすることはとても厳しいことから未経験者の転職は不可だと思います。

Web未経験者のWebマーケティング会社への転職ノウハウを紹介

マエムキ
マエムキ
Web業界未経験者でWebマーケティング会社へ転職を考えている方の転職ノウハウは、
「今まで仕事をしてきた成功談を分かりやすく説明出来ること・失敗したことをどの様に回避出来たかを説明出来ること」
「Web業界の中でもなぜWebマーケティング会社で仕事をして行きたいか」

を選考時に伝えることが出来るのが重要になるかと思います。
マエムキ
マエムキ
「どれだけ仕事のスキルがあるか、失敗した時のリスク回避力、Webマーケティングの仕事に興味があるか」を分かってもらうことで企業側へアピール出来ることが転職ノウハウです!!
マエムキ
マエムキ
後は「人間性」「社会人スキル」に関しては「こうした方が良い」と言った内容は、Webマーケティング会社により欲しい人材に違いはあるでしょうが、Web業界未経験者であまりWebマーケティングについて触り程度の知識を語り出すのは辞めた方が良いです。
マエムキ
マエムキ
「知識が無いのに偉そうに語るな」「仕事に対して薄い意識で取り組む人なんじゃないか?」と思われてしまう可能性があります・・・
マエムキ
マエムキ
Webマーケティング会社の転職方法として「転職エージェント」と「転職サイト」を利用して進めて行くことが出来ますが、転職エージェントのご利用をおすすめします。
理由は、求職者に対してアドバイザーの方が付いてくれて、Web業界未経験者の方でもWebマーケティング会社の転職活動をサポートしてくれるからです。
マエムキ
マエムキ
Web未経験者の方は、サポート役の方がいないとWebマーケティング会社の転職傾向が分からない点もあると思いますので、転職エージェントのご利用がおすすめです!!

Web業界経験者のWebマーケティング会社への転職ノウハウを紹介

マエムキ
マエムキ
Web業界経験者の方がWebマーケティング会社へ転職する為に必要なノウハウを説明して行きたいと思います。
マエムキ
マエムキ
Webマーケティング会社へ転職を成功させる為に必要なことは、
「今までの仕事で成功してきたことを具体的にお話しすること」
「Webマーケティングの領域でどんな仕事をして行きたいか具体的にお話しすること」

を重視することが、Web業界経験者の方でWebマーケティング会社の転職活動の重要な転職ノウハウです。
マエムキ
マエムキ
Web業界経験者に関しては、今までの仕事の経験談に対して具体的に伝えることで、採用する側のWebマーケティング会社も求職者の「スキル」や「仕事に対する考え」を理解してくれるかと思います。
とは言え、ダラダラと説明するのではなく、簡潔且つ分かりやすく伝える意識を持つことが大切です。
マエムキ
マエムキ
それと同様に、Webマーケティング会社でやってきたい熱意を伝えることもWeb業界経験者の転職活動を行う上で重要なことです。
マエムキ
マエムキ
また、Web業界は離職率が多い業界の中、人間関係で退職する方が多いのも現実です・・・
その為、扱い辛い人材に思われてしまうと採用は厳しいと思いますので、人間性の構築が上手くない方は注意が必要です。
とは言え、選考中に無理矢理人間性作るのも正しいとは思いませんが、採用担当者を不快にさせない様にすることは要注意です。

Webマーケティング会社の転職へおすすめしたい転職エージェントを紹介

マエムキ
マエムキ
Webマーケティング会社への転職でご利用をおすすめする転職エージェントを紹介して行きたいと思います。
マエムキ
マエムキ
転職エージェントのご利用をおすすめしたい方は「Web業界未経験者の方」「Web業界経験者の方」「転職活動のサポートのプロと一緒に転職活動を進めて行きたい方」へおすすめしたいです。
マエムキ
マエムキ
また、Webマーケティング会社の転職と言うことで、「Web業界の転職を専門とした転職エージェント」と転職活動をしている方なら必ず見たことがある知名度の高い「大手転職エージェント」の中でもWebマーケティング会社の求人案件を多く扱っている転職エージェントを紹介します。
マエムキ
マエムキ
1点注意頂きたいのが転職エージェントはアドバイザーとの相性が重要であり、アドバイザーは人だから相性が合わない場合もあります・・・
その為、転職エージェントは2~3社登録して最もアドバイザーとの相性が良いエージェントをご利用することをおすすめします。
マエムキ
マエムキ

Web業界経験者の方は「Web業界を専門とした転職エージェント1~2社」と「大手転職エージェント1社」の合計2~3社。
Web業界未経験者の方は「大手転職エージェント2社」のご利用をおすすめします。

Webマーケティング会社の転職におすすめしたいWeb業界を専門とした転職エージェント

マスメディアン

マーケティング関係の転職に強みを持つ転職エージェントマスメディアンは、Web業界に在籍している方からの知名度が高い宣伝会議社が関連会社の転職エージェントです。

宣伝会議社はWebマーケティングの中でも初級~上級者の方が「ためになる情報」を発信するWebメディア(アドタイ)の運営や書籍(宣伝会議)を発行している会社であり、宣伝会議社のバックアップの元、マスメディアンは転職エージェントを運営しております。

宣伝会議社がバックアップしていることから、多くのWebマーケティング会社との繋がりがあることから経営者をはじめ、採用に関する人間との直接の関わりがある為、求職者へ的確なアドバイスを伝えることが出来る転職エージェントかと思います。

マスメディアンだけが扱うWebマーケティング会社の求人案件を扱っている可能性もとても高いです。

■面談拠点一覧

東京県・神奈川県・愛知県・大阪府・福岡県・石川県(合計6拠点)

転職成功実績人数 40,000人以上
求人案件数 不明
運営会社 株式会社マスメディアン(未上場企業)
会社設立 2001年
面談可能な時間 平日:10:00~18:00・土日祝日はお休み(面談は「対面・電話・メール・オンライン」)

プロの転職

Web業界出身者の方が転職エージェントのアドバイザーを行っているプロの転職は、10年以上Web業界の転職を専門とした転職エージェントとして運営していることから、長年の実績がある転職エージェントです。

多くの転職実績があるからこそプロの転職をしているWebマーケティング会社もあると思います。

その為マスメディアン同様に経営者をはじめ、採用に関する人間との直接の関わりがある為、求職者へ的確なアドバイスを伝えることが出来る転職エージェントかと思います。

また、サービスサイトに給与を大幅にアップした実績が掲載されていることから、Webマーケティング会社のキャリアアップ転職を考えているWeb業界経験者の方へおすすめしたい転職エージェントです。

■面談拠点一覧

東京都(合計1拠点)

転職成功実績人数 非公開
求人案件数 非公開
運営会社 株式会社ホールハート(未上場企業)
会社設立 2008年
面談可能な時間 平日:10:00から19:00・土日祝日はお休み(面談は「対面・オンライン」)

Webマーケティング会社の転職におすすめしたい大手転職エージェント

マエムキ
マエムキ
大手転職エージェントはリクルートエージェントやマイナビエージェント等の上場しているもしくは、知名度が高いエージェントです。
マエムキ
マエムキ
ただ、大手転職エージェントは様々な業界の転職をサポートしている為、特にWeb業界を専門としているわけではありません。
マエムキ
マエムキ
そんな中、Webマーケティング会社の求人案件を多く扱っている大手転職エージェントであれば、Webマーケティング会社の転職活動を柔軟にサポートしてくれるかと思います。
マエムキ
マエムキ
大手転職エージェントは公開している求人案件を調べることが出来る為、「Webマーケティング」と検索して出てきたWebマーケティング会社の求人案件が多い大手転職エージェント2社を紹介して行きます。
ちなみに、検索して出てきた求人案件以外にも非公開の求人案件も扱っています。

doda(デューダ)

面談拠点一覧

北海道・宮城県・東京都・神奈川県・静岡県・愛知県・大阪府・岡山県・広島県・福岡県(合計10拠点)

転職成功実績 不明
Webマーケティング会社の求人案件数 公開案件約900件+非公開求人案件
運営会社 パーソルキャリア株式会社(上場企業)
会社設立 2010年(創業1989年)
面談可能な時間 平日9:00から20:30の間で面談開始・土曜日10:00から19:00の間で面談開始・日祝日は休み(面談は「対面・電話・オンライン」)

RECRUIT AGENT(リクルートエージェント)

■面談拠点一覧

北海道・宮城県・栃木県・千葉県・東京都(2拠点)・神奈川県・埼玉県・静岡県・愛知県・大阪府・京都府・兵庫県・岡山県・広島県・福岡県(合計16拠点)

転職成功実績人数 約370,000人
Webマーケティング会社の求人案件数 公開案件約700件+非公開求人案件
運営会社 株式会社リクルートホールディングス(上場企業)
会社設立 1963年(創業1960年)
面談可能な時間

平日・土日・祝日:日中から20時以降(面談は「対面・電話・オンライン」)

Webマーケティング会社の転職へおすすめしたい転職サイトを紹介

マエムキ
マエムキ
Webマーケティング会社への転職でご利用をおすすめする転職サイトを紹介します。
マエムキ
マエムキ
「転職サイトって何?」と言うと、転職サイト内に求人案件を掲載して求職者がご自身でエントリーして転職活動を進めて行くサービスです。
マエムキ
マエムキ
転職エージェントはアドバイザーが付いてくれて、求職者へ求人案件を紹介するサービスです。
ちなみに転職エージェントも会員登録すれば求職者が求人案件を調べるサービスもありますが、原則的にはアドバイザーが求人案件を紹介してくれます。
マエムキ
マエムキ
転職エージェントは転職活動を進めて行く上で「企業との連絡」や「給与の交渉」等の対応をしてくれますが、転職サイトにはアドバイザーが付かない為、求人案件を探す所から入社日の調整まで全て求職者の方が行います。
マエムキ
マエムキ
こう見ると一見転職エージェントの方が充実したサービスに見えますが、求職者の方の中には転職エージェントを使ってアドバイザーと転職活動を進めて行くのが窮屈に感じる方も多くいるかともいます・・・
マエムキ
マエムキ
転職活動を行う際に一人で動きたい方は転職サイトのご利用をおすすめします。
マエムキ
マエムキ
ここではWebマーケティング会社の求人案件を多く扱っている求人サイト2つのサービスを紹介しています。
マエムキ
マエムキ
転職サイトは自発的に動いて使用するサービスなので、こちらで紹介する2サイトを共にご利用して、ご自身のエントリーしたいWebマーケティング会社を探す位が丁度良いと思います。
マエムキ
マエムキ
会員登録自体は簡単に出来ますので、その後の「職務経歴」や「自己PR」をしっかりと記載して、希望のWebマーケティング会社を探して頂ければと思います。
マエムキ
マエムキ
最後に転職サイトを使う方は、Web業界経験者の方でないとご利用はおすすめ出来ません。
なぜならば、Web業界未経験者の方がWebマーケティング会社へ転職する際にサポートしてくれるアドバイザー的な立ち位置の方がいないと知識が何も無く、円滑に転職活動を進めて行くことが出来ませんので。

Green

Web業界の求人案件を中心に用意しているGreenは、選考前にどんな企業であるか確認したい方に向けたカジュアルな面談の場を作ってくれるサービスを用意している転職サイトです。(ただし、求職者のキャリアやスキルを見た上で期待値の高い方が出来るサービスです。)

Webマーケティング会社の求人案件数がどの位あるか調べてみたところ、3,500件以上もの求人案件を扱っています。

リクナビNEXT

転職サイトの中では恐らく最も有名なサービスリクナビNEXTは、リクルート社が運営している信頼性の高い転職サイトです。

Webマーケティング会社の求人案件数がどの位あるか調べてみたところ、700件以上もの求人案件を扱っています。

大手の求人サイトだと「まずはリクナビに出すか検討しよう」と言った考えを持つWebマーケティング会社は数多くあるかと思います。